15

4月 17

totoが販売されて!







日本ではギャンブル行為を、ある定められた一定競技を除いて、
全面禁止を公言しています。



これは、実は江戸時代以前に遡るほどで、ギャンブルと称されるものは、
全面的に排除されてきました。



ですから、『半丁』 などが、不良の遊びであるというイメージが、
強いのかもしれませんね。



それは、現在も同じです。



現在、公営ギャンブルとされているのは、
宝くじ、競馬、競輪、競艇、オートバイク、そしてtoto(サッカー)です。



とりわけ、『toto』 に関しては歴史も浅いのと同時に、
人気のあるサッカーを取り上げたギャンブルですので、
toto自体も人気が非常にあります。



そして何より、簡単な中にも戦略を立てられるのが魅力です。



サッカーは他の競技とは異なり、
ギャンブル以外でも親しみを持っている人口が多いため、
その予想戦略はまさに十人十色、千変万化です。



宝くじのように、買うだけではあまり魅力を感じないが、
競艇や競馬のように、初めてするにしては、
「何をどう考えてよいか分らない」 と思われがちなものよりも、
ずっと購入率が高いのです。



そして、totoには大きな意味も有り、
それは、違法賭博では無いという点です。



どういうことかといえば、現在も然りですが、
競技に際した賭博行為というのは、非常に多く横行しているのです。



それはもちろん、サッカーも然りです。



ですが、これを公式に転換することで、違法ではなくなり、
人々も堂々と賭博を楽しむことができるようになりました。



実際、totoが始まった際の購入人口もかなり多く、
そう思えば、違法賭博者を含めて、
いかに競技賭博が人気を博するのかというのが伺えます。



totoのような取り組みから、意外と違法賭博は減ってくるのかもしれません。







No comments yet, be the first.

コメントを残す